バンコクでチップは必要?

 

 

 

 

 

タイ・バンコクに行った際にわりと悩ましいのがいつ、だれに、いくら位チップをあげる必要があるのかという問題です。

もともとタイにはチップの習慣は無かったのですが、欧米人が後から持ち込んだチップ文化が中途半端に定着しているというのが現状です。

なのであまりはっきりとした金額の基準が無かったりしますが、チップはありがとうの印というくらいの意味だと思っておけば差し支え無いでしょう。

あくまで私の経験則になってしまいますが、バンコクでいつ、どこで、だれに、いくら位チップをあげる必要があるのかをお話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

ホテルでは

 

 

 

ホテルでチップをあげる必要があるのは、

 

  • 荷物を運んでもらった場合 20~40バーツ
  • ハウスキーピングの時 枕の上に20~40バーツ
  • ルームサービスを運んできてもらった時 50~100バーツ

 

というような場合だと思います。

何か特別な事をお願いしたり、運んでもらう荷物が膨大という時には100バーツくらい渡しても良いかと思います。

 

 

 

 

 

タクシーに乗るときは

 

 

 

タクシーに乗るときは基本チップはあげなくても良いと思うのですが、サービスの良し悪しで判断してチップをあげても良いかもしれません。

チップを渡す場合、タクシーの運転手からお釣りをもらう時にお釣りが10~20バーツ程度であれば、お釣りはいらないと言えば良いでしょう。

タクシーの運転手によっては、向こうからチップをくれと言ってくる厚かましい人もいると思いますが、そういう場合はあげる必要はありません。

チップはあくまで感謝の気持ちなので、運転がスムーズだった、荷物が多かった、親切だった、という時にはチップを渡すと良いでしょう。

 

 

 

 

 

マッサージ店では

 

 

 

 

タイ古式マッサージ店などでは通常100バーツかそれ以上がチップの相場になります。

マッサージ師さんは長時間マッサージをする重労働なのですが、その労力に比べると賃金は低めなのです。

チップを渡す時にはマッサージを受けた後に、受付の人にではなくマッサージ師さんに直接渡してあげてください。

 

 

 

 

 

 

飲食店では

 

 

 

バンコクの飲食店で食事をする時には、お店によってチップが必要な所とそうでない所があります。

屋台やマクドナルドのようなファーストフード店、スターバックスのようなチェーン店のカフェでは必要ありません。

それ以外のレストランでは、会計の時に店員さんが持ってくるバインダーに20~40バーツはさんで渡すと良いでしょう。

ただしサービス料を別に請求されるようなお店ではチップを渡す必要はありません。

 

 

 

 

 

 

エッチなお店の女の子には

 

 

 

 

 

ゴーゴーバーでは話の相手をしてくれた女の子を店外に連れ出さない場合には100バーツ位渡してあげると良いでしょう。

 

バービアでも長時間話の相手をしてくれた場合は渡しても良いかもしれませんが、渡さなくてはいけないという決まったルールはありません。

女の子に良くしてもらった、会話が楽しかった、と思えばチップを渡すと良いでしょう。

何もしていないのに自分からチップ、チップと言ってくる子にはチップを渡す必要はありません。

 

自分の宿泊するホテルなどにお持ち帰りした女の子がホテルから帰る時には、料金にプラスして100~300バーツ位渡すと喜んで帰ってゆくと思います。

この場合もサービスの内容に応じて、満足した場合には多く、そうでもなかった場合にはそれなりに渡すようにすると良いと思います。

 

 

 

 

20バーツ札を用意しておく

 

チップの支払いで20バーツ札を使うシチュエーションが多くあります。

両替の時に20バーツ札を多めにもらう、お店で100バーツ札を崩しておくなどして、20バーツ札を多めに持っておく事をおすすめします。

 

 

 

 

バンコクの夜の楽しみ方は

とても人には聞けないバンコク夜遊び実践編

 

バンコクでのホテル選びは

バンコク夜遊びで失敗しないホテル選びと、おすすめのホテル

 

 

 

この記事のフォローやいいね、お願いします
error
The following two tabs change content below.
旅人テツ
このブログの管理人の旅人テツです。 普段は日本の片田舎に住んでいる40代のおじさんです。 30代で行った初の海外旅行で楽園タイに出会い、その後幾度となくタイに行く事になります。 片言の英語とタイ語となんとかなる精神でやっております。 タイ・バンコクの夜の情報から役立ち情報、どうでもいい情報も交えてお伝えしていきます。